八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【速報】緊急事態宣言28日で解除 外出自粛、時短要請も

県独自の緊急事態宣言の解除を発表する玉城デニー知事=27日、県庁

県独自の緊急事態宣言の解除を発表する玉城デニー知事=27日、県庁

玉城知事 リバウンド警戒、対策の継続を

 【那覇】玉城デニー知事は27日午後、県庁で記者会見し、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた県独自の緊急事態宣言を28日で解除すると発表した。県民に対する外出自粛や飲食店や接待を伴う遊興施設などへの営業時短要請も解除する。同日までに警戒レベルを第3段階(感染流行期)に引き下げた。1月20日から始まった緊急事態宣言の期間は40日間だった。同日開かれた県の対策本部会議で決定した。

 玉城知事は解除理由について、警戒レベルの判断指標が緊急事態宣言発表時より改善したことを強調。「時短要請で飲食店などでの感染を抑えたことが効果を発揮している」と述べた。

 県内外の移動は、国の緊急事態宣言が発令されている1都3県への不要不急の往来は自粛。来島自粛を求めている県内離島への往来は控えるよう呼び掛けた。

 3~4月は、人事異動や卒業・入学式などで人の移動や接触が多く、感染リスクが高まることを懸念。

 玉城知事は「決して安心できる状況ではない」と感染のリバウンドに警戒を強めた。

 県は今後、警戒レベルを第2段階(流行警戒期)まで引き下げる方針。会食は2時間以内4人以下、同居家族などで行うことを引き続き求めた。

 経済活動の再開に向けて玉城知事は「感染防止体対策を継続しながら、経済活動のアクセルを少しずつ踏み込む局面に入っていく。県民と事業者の協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

  • タグ: 緊急事態宣言解除
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム