八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市内に郷友会館構想 県立図書館分館跡地を確保

八重山高校敷地内の町有地と等価交換される県立図書館八重山分館跡地=25日午前

八重山高校敷地内の町有地と等価交換される県立図書館八重山分館跡地=25日午前

与那国町 臨時議会で土地交換可決

 【与那国】町議会(前西原武三議長)の臨時会が25日午前、開かれ、県立八重山高校敷地内の町有地と県立図書館旧八重山分館跡地の県有地を交換する議案を全会一致で可決した。町は同跡地に在石垣与那国郷友会会館(仮称)を建設する構想を持っており、詳細については歴代郷友会長らと協議して決める。

 町は八重山高校敷地内に町有地2532・5平方㍍を所有。このうち778.427平方㍍を分館跡地の479.73平方㍍と3月末までに等価交換する。

 田原伊明教育長の説明によると、八重高敷地内の土地は1972年5月15日、沖縄の本土復帰に伴う特別措置法で石垣市、竹富町、与那国町が土地の権利を継承。町はこのうち面積の100分の11を所有した。

 等価交換は、県教育委員会が20年1月10日に3市町に対し分館跡地利用に関する照会で売却と土地交換の2択を示したのがきっかけ。外間守吉町長には郷友会会館構想があり、県と交換の作業を進めてきた。

 外間町長は「郷友会との懇談会を通して郷友会館を造ってほしいとの話があった。会館がいいのか更地がいいのか、年度内に歴代会長の意見を聴取したい」と述べた。

 臨時議会の冒頭、浦添市で与那国出身の親子2人が死亡した多重事故について前西原議長は「冥福を祈り遺族に対しお見舞い申し上げる」と述べた。

 

■「念願していた」構想実現望む 与那国郷友会

 与那国会館構想に石垣在与那国郷友会の川満祐次会長は「会として郷友会館を念願していた」と喜び、「拠点があるとイベント、敬老会、座談会も開ける。宿泊施設もあった方がいい。市内での小体連、中体連、駅伝大会、敬老会の運動会の際、町民や郷友会員が宿泊できると経済的負担が軽くなる」と構想実現を待ち望んでいる

  • タグ: 在石垣与那国郷友会会館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム