八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「総仕上げの1年」 中山市長が21年度施政方針

2021年度施政方針を示す中山義隆市長=22日午前、本会議場

2021年度施政方針を示す中山義隆市長=22日午前、本会議場

ゴルフ場、年内着工目指す

 中山義隆石垣市長は22日開会した3月定例市議会で2021年度施政方針演説を行い、主要施策を説明した。前勢岳北側で㈱ユニマットプレシャスが計画するゴルフ場付きリゾート開発について年内着工を目指す考えを示した。3期目の最終年度となる21年度を「総仕上げの一年」と位置付け、「約束したことを必ず実現するべく、職員一丸となって市政運営に取り組む」と決意を表明した。(9面に関連)

 ゴルフ場付きリゾートについて中山市長は「アフターコロナの新たな魅力と経済のさらなる成長の起爆剤となる」と期待し、「引き続き関係機関と連携し、事業が年内に着工できるよう協力していく」と述べた。

 尖閣諸島の字名が「字登野城」から「字登野城尖閣」に変更されたことに伴い、新字名表記の行政標柱を製作し、設置のための上陸許可について時機を見て国に要請する。ふるさと納税による寄付金を活用した情報発信施設も整備する。

 旧空港跡地での新庁舎建設では年内の供用開始を目指し、現庁舎跡地利用には21年度に施設整備・運営を行う民間事業の選定に取り組む。

 新川地域居住機能再生計画で予定されている児童館の整備については21年度に基本設計に取り組み、24年度の開館を目指す。

 このほか▽独自の新型コロナ経済対策支援金の早期給付▽新型コロナワクチン接種の体制構築▽水族館の誘致▽新石垣空港の滑走路800㍍延長と国内線ターミナルの拡張に向けた要請▽国土強靱化計画の策定▽観光危機管理計画の策定▽平久保灯台駐車場の拡張(5台から13台に)▽八重山漁協漁船保全施設の着手への支援▽将来的なオンライン型学習システムの導入に向けた検討▽24時間いつでもどこでも市税や保険料を納付できるスマホ決済システムの導入―などを挙げた。

  • タグ: 施政方針市長
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム