八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

不可解である。バブル期以来30年ぶりと…

 不可解である。バブル期以来30年ぶりという株高のこと。日経平均3万円の大台を上下している。多くの人たちがコロナ禍の失業や貧困にあえいでいるのに、お金がだぶつく「カネ余り現象」だという。理解できない▼富裕層と一般庶民、いわゆる「持てる者」と「持たざる者」の二極化が言われて久しい。それにしても、である。都会では高額商品の消費が活発化していると報道される。株高を追い風に資産を増やしたものの、外出自粛により旅行や外食に使えず、美術・宝飾・貴金属などの購入に充てているという▼スイスの高級ブランド時計に至っては、500万円以上の高価格帯は在庫がなくなるほど売れているが、50万円以下の商品は大苦戦らしい▼不公平がまかりとおる。こんな世間に誰がした。富める者は、より高額の税金を払うべし。そう口にしてもままならぬ。生活保護受給世帯は実に164万世帯。貧富の差はさらに拡大し、「恨み節」さえ口惜しい▼石垣では低額の商品を万引したとしてお年寄りが逮捕される事案がある。都会の富裕層とのあまりもの落差。それでも菅政権は「自助」と言い続けるのだろうか、民の暮らしに寄り添わない▼実体経済との乖離(かいり)、高揚感なき株高。ニッポン丸よ、どこへ行く。「持たざる者」には分からない。 (慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム