八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平和な島へ思い馳せ 市民連絡会

参加者は手作りの黄色いハンカチに「ミサイル基地反対」「工事中断を」などの思いを込めた=20日午後、於茂登公民館敷地内

参加者は手作りの黄色いハンカチに「ミサイル基地反対」「工事中断を」などの思いを込めた=20日午後、於茂登公民館敷地内

ウコン染料で黄色いハンカチ

 石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会(上原秀政共同代表ら)は20日午後、於茂登公民館で「染めて遊ぼう~黄色に染めよう!ウコンで染めよう!」と題したイベントを開いた。参加者はウコンの染料でハンカチを黄色に染め、平和な島へ思いを馳せた。

 平得大俣で建設中の陸上自衛隊駐屯地の配備の賛否を問う住民投票などを石垣島全体で考えるべき重大な問題とし、黄色いハンカチに「私の思い」を込める取り組み。

 参加者は持参したハンカチに、すりつぶしたウコンを練り込んで天日干し。その後、色止め用のミョウバンとウコンを混ぜた液体に付け、2度目の天日干しで完成させた。

 川平から参加した40代女性は「草木染に興味があったので参加した。化学染料とは違うすてきな色合い」と満足げ。陸自配備に関しては「島の自然を壊さないでほしい。カンムリワシの営巣も始まるので、今すぐ工事を止めてほしい」と訴えた。

 イベントを企画した市民連絡会の平地ますみさん(69)は「黄色いハンカチを家に掲げ、ミサイル基地NO、工事即中止の意思表示をしてほしい」と呼び掛けた。

 公民館内では石垣島、宮古島、鹿児島県奄美大島の陸自配備に関する写真展があり、参加者が南西諸島の配備状況を再確認した。

  • タグ: 平和市民連絡会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム