八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

登野城のM氏が毎度のつなぎ服姿で現れた…

 登野城のM氏が毎度のつなぎ服姿で現れた。「前を通ったらカンヒザクラが咲き誇っているので車窓から眺めていた。君が見えたので寄ってみた。庭は花がいっぱいだね。今年は、島中の花木がよく咲いていてドライブも楽しいよ」と▼「木や花の多い庭はいいね。鳥もチョウもやってくるし。ここは海も見えるんだね」「木がたくさんあるおかげで、通りの落ち葉を連日掃き片付けるのに大変ですよ。大半がわが家の木の葉ですから仕方ないですが」▼草花好きでランの栽培や交配の研究家として県内外にも知られている氏に「よく咲きました。わが家でも先々週はカンヒザクラ2本が満開。裏の唐桃も満開。時期に咲く桃色ノーゼン(イッペー)も満開。不思議なことに過去一度も咲いたことのないトックリキワタや黄金ノウゼンが初めて咲いたのはなぜですかね」▼「暮れから例年にない冷え込みだったでしょう。サトウキビが干ばつみたいに葉が枯れたり、常緑樹の一部に落葉があったり、それが今年の花盛りの一大要因だと思う」▼そうか、花には適宜な寒さが必要なのか。そういえばカンヒザクラも県内で一番寒い沖縄本島北部の名護周辺が著名だ▼八重山特産の黒真珠もぐんと冷えた年にいい珠が出る由。常夏の島の花盛りの時期は寒さも歓迎しよう。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム