八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

コロナ禍で行き場失う タクシー、収入8割減も

待機場所には客を待つタクシーの長い列ができていた=4日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

待機場所には客を待つタクシーの長い列ができていた=4日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

「やっていけない」

 新型コロナウイルス感染拡大によるGoToトラベルの停止や緊急事態宣言延長、飲食店の時短などの影響で石垣市内のタクシーが行き場を失っている。空路と海路の減便で南ぬ島石垣空港やユーグレナ石垣港離島ターミナルのタクシー乗り場には長い列。夜の美崎町に人けはなく、見切りを付けたドライバーが深夜から空港に集結する。GoToの効果で一時盛り返した景気も今は低迷し、ドライバーからは「やっていけない」との叫びが聞こえてくる。

 「朝5時に空港に来たが、その時点で12番目。5時間たった今も6台しか動いていない」。

 30年以上ドライバーをしている男性は頭を抱える。一昨年の同時期には月50~60万円あった売り上げが、今は月20万円にもいかないという。

 「ドライバーの給料は完全歩合制。売り上げの約半分から税金が控除されて、先月の手取りは5~6万円。とても家族を養っていけない」と嘆く。

 別の男性は、勤務調整で1週間近く休みに。「うちの会社は休業補償をもらえているが、それでも給料は平時の半分以下。激減している」と話す。

 八重山公共職業安定所によると、県ハイヤー・タクシー協会八重山支部(伊良皆高司支部長)に加盟する17事業所のうち約3割にあたる5事業所では、雇用調整助成金の申請が今も出されておらず、休業補償が受けられない状況となっている。残りの12事業所のほとんどは、市が緊急事態宣言を発出した昨年4~6月に既に申請を済ませており、各事業所の対応に差が生じている。今年1月分の給料から初めて休業補償を受け取る予定だという60代男性ドライバーは「正直、高校生のスーパーのレジ打ちより厳しい状況。空も船も減便。美崎町もゴーストタウン。飲食店に補償しているけど、タクシーも客がいて初めて成り立つ仕事。同じように救済してほしい」と窮状を訴える。

 伊良皆支部長は雇用に加え業界の先行きを不安視。「雇用調整助成金で雇用は守れるけれど、そもそも各社で事業の存続自体が危うくなってきている。交通弱者のための公共交通機関として何とか残したい。コロナが落ち着くまで辛抱していくしかない」と話した。

  • タグ: 新型コロナウイルスタクシー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム