八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

124年ぶり2日の節分 鬼と園児ら、思わず和解も

「友達と仲良くするよ」。鬼と約束し和平を結んだ=2日午前、大川保育所園庭

「友達と仲良くするよ」。鬼と約束し和平を結んだ=2日午前、大川保育所園庭

豆の代わりに紙くずを鬼に投げつけ厄を払う園児ら=2日午前、大川保育所園庭

大川保育所

 2日は雑節のひとつ「節分」。郡内の幼保施設や学童では、園児児童が「鬼は外、福は内」と掛け声とともに豆などをまき、厄を払った。節分は二十四節気の「立春」の前日で、例年は2月3日だが、ことしは1897年以来124年ぶりに2日の節分となった。立春は、春分や秋分とともに太陽と地球の位置関係で決まり、国立天文台が発表する。

 このうち大川保育所(今伊たえ子園長、0~5歳児105人)では、「自分の中の鬼をやっつけよう」とのテーマのもと、園児ら自身も鬼に仮装。鬼に扮した職員が出てくると「鬼は外! 福は内!」「泣き虫鬼は出ていけ! 病気も治れ!」と豆に見立てた紙くずを投げつけて撃退した。

 5歳児クラスのきりん組では、鬼に捕まった大城瑛琉君が観念し「友達と仲良くするよ」と鬼と約束。やりとりを見ていた園児らが次々とまねして鬼のもとに駆け寄り「悪口言わないよ」「威張らないよ」とそれぞれ目標を宣言。握手して鬼と和解した。

  • タグ: 節分大川保育所
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム