八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新型コロナウイルス感染拡大で県内の医療体制…

 新型コロナウイルス感染拡大で県内の医療体制が逼迫(ひっぱく)しているのを受け、県は19日、緊急事態宣言を発令した。昨年4月、7月に続き3度目の発令だ▼2月7日までの期間中、県民に不要不急の外出自粛を求めたほか、県内すべての飲食店などに午後8時までの営業時間短縮を要請した。22日から全期間協力してくれた事業者には店舗ごとに1日4万円、一律68万円の協力金を支給する。酒類の提供は午後7時までとなるため、時短ではなく休業する店舗も増えそうだ▼宣言の中心となる不要不急の外出自粛では、特に午後8時以降の外出自粛の徹底が求められている。夜間に多い飲食に伴う感染拡大を抑えようというものだ▼宣言では不要不急について、医療機関への通院や食品・医薬品・生活必需品の買い出し、仕事、屋外での運動や散歩など生活や健康の維持に必要な場合を除き、原則外出しないようもとめている▼不要不急のとらえ方が個人により異なるだけに、どこまで行動を自粛すればいいのか戸惑う面もありそうだ。だが、新型コロナの感染拡大に歯止めがかからなければ、期間が延長される可能性もある▼来月8日以降、普段の生活に戻せるかは、県民一人一人の行動にかかる。多少の不便は我慢し、外出自粛を心がけたい。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム