八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

GoTo再開だのみ 観光業襲う“稼働ゼロ” 

GoTo期間中、観光客でにぎわっていた港も閑散としている=14日午前、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

GoTo期間中、観光客でにぎわっていた港も閑散としている=14日午前、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

団体、個人客消え2週間

 年末に国のGoToトラベルキャンペーンが一時停止して2週間が過ぎ、街から個人や団体を含めた観光客が一気に姿を消している。観光業には、業種の隅々まで影響が出ている。レンタカーや観光バス業界は開店休業状態となり、“稼働ゼロ”状態の日々が事業者を襲っている。GoToトラベルの再開だのみという状況だ。

■レンタカー1日1組

 レンタカー業では、年末年始から観光客数が減ったことで利用台数が減少。ある経営者の男性によるとGoTo期間中の10~11月は利用者が多く、予約率が保有台数を超える120%に達することもあったが、政府がGoTo停止を発表した昨年12月14日夕、キャンセルの連絡が殺到し予約率は3割に激減。年が明けた現在は、1日1組の利用ペースが続く。

 同事業所では、5月のゴールデンウイークと年末年始の料金設定を通常の2倍に設定。今年度は書き入れ時を逃したことで、年間売り上げは例年の半分を見込む。同男性は「3月にGoToを再開したとしても単価が安くて忙しいだけ。売り上げは伸びない」と予測する。

■バス予約、直近は2月

 観光バス業では団体、修学旅行が途絶えて仕事がない。観光バスのみを運営するある事業所は昨年12月28日のGoTo停止以降、稼働していないという。

 1月は団体旅行と修学旅行で予約率が120~130%となったが、全てキャンセルに。残った予約は直近でも2月末だ。3月の修学旅行も予約10校中、2校キャンセルとなった。

 また、昨年10月から始動したGoToトラベルに合わせ、休車申請していた全ての車両を稼働。保険、点検、車検の諸整備で1台当たり最大50万円かけて準備してきただけに傷口も広がる。

 同事業所の担当者は「一時停止の前日まで、ツアー客はいた。GoToが再開してくれたら、観光客が来てくれることに期待している」と話す。

■「GoToがあれば…」

 竹富町内の島々で周遊観光ツアーを展開する石垣島ドリーム観光は12日から2月7日までの期間、臨時休業に入った。離島の観光施設が休業し始めたことや、GoTo停止と首都圏の緊急事態宣言が影響した。

 同社担当者は「首都圏から(客が)来ないと人も増えないので緊急自粛にした。首都圏の宣言解除に合わせて再開する」と説明。「GoToがあれば、普段来られない観光客も来るのでありがたい。すぐにでも再開してほしいが、コロナ収束を先に目指したい」と述べた。

 安栄観光、八重山観光フェリーも同様に周遊観光を一時中止している。

  • タグ: GoTo稼働ゼロ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム