八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

電動キックボード導入 環境保全型観光に新手

自然環境に優しく開放感あふれる走行が楽しめる電動キックボード=11日午後、サザンゲートブリッジ

自然環境に優しく開放感あふれる走行が楽しめる電動キックボード=11日午後、サザンゲートブリッジ

Rimo × 安栄観光

 民間船舶会社の㈲安栄観光(森田安高代表取締役社長)は11日、環境保全型交通体系の構築に向けた取り組みとして、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出せず環境に優しい「電動キックボード」の本格運用を開始した。折り畳み式の特徴を生かし、定期船で竹富町の各島へ持ち運び、手軽で自由に島内観光を楽しんでもらう考えだ。

 

 キックボードは、Rimo(石井光哉代表取締役、恩納村)の商品。車両番号を付けることで、原付きバイクと同じ扱いで公道を走行できる。安栄観光は昨年から試験的に運用、このほどRimo社とフランチャイズ契約を結んだ。次世代型観光アクティビティーの事業化に期待を寄せる。運営は、安栄観光のグループ会社㈱e-SHARE石垣が担う。

 導入したキックボードは50台。最高速度20㌔、3~4時間の満充電で約20㌔の距離を走行できる。充電は電圧100ボルトの家庭用コンセントから行える。重さ約13㌔と持ち運びができ、沖縄本島ではレンタカーに積んで観光地へ移動し、乗車するケースが多いという。

 乗車するには原付き以上の免許保有が条件。道路交通法に基づいた走行が義務付けられ、ヘルメット装着も必須。

 11日午後、安栄観光事務所前でキックオフセレモニーがあり、森田社長は「これから先の50年、100年を見据え、次世代モビリティーを使い環境を崩さず維持するツアーを展開したい」、石井代表は「車両ナンバーを取得した日本で初めて公道で走れる電動キックボード。今後は、CO2排出削減量の実数を見える化させるため、アプリの導入も進めていく」とそれぞれあいさつした。

 セレモニー後、石垣市の小切間元樹企画部長や関係者ら約10人が石垣港離島ターミナルから南ぬ浜町まで試乗会を行い、開放感のあるアクティビティーを満喫した。

 乗車した桃原一逸さん(29)は「原付きバイクとは違い楽しかった。環境に優しい観光として皆さんに使ってほしいと思う」と話した。

 4時間2000円、6時間3000円、12時間3500円、24時間4400円(いずれも税込み)でレンタルを行い、今後は島民割なども検討する方針だ。

  • タグ: 安栄観光Rimo電動キックボード
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム