八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

元気よく、3学期スタート 冬休み明け 郡内一斉に始業式

元気いっぱいに3学期のスタートを切る野底小学校の5、6年生ら=6日午前、同校体育館

元気いっぱいに3学期のスタートを切る野底小学校の5、6年生ら=6日午前、同校体育館

 郡内の小中学校と県立学校の3学期が6日、一斉にスタートし、年末年始の休みでリフレッシュした児童生徒が元気よく登校。ことしの目標などを書き出し、学年総仕上げの学期へ向けて気持ちを新たにした。

 このうち、野底小学校(安谷屋正史校長、児童24人)は体育館で、のそこ幼稚園と合同で始業式。安谷屋校長は「一つでも目標を立てて継続して。日々のあいさつを意識しましょう」と児童らを激励した。

 式後、5年生と6年生の複式学級では、児童らがそれぞれのことしの目標の漢字一文字を定め発表。横田蒼君(6年)の一字は「夢」。「コロナの中でもみんなが夢に向かっていけたらいいな」と希望を託した。

 銘苅百々花さん(同)の祖父母は正月に来島する予定だったが、新型コロナウイルスの影響でかなわなかった。銘苅さんは「おじいちゃんおばあちゃんに会えなくてちょっと寂しいお正月だった。コロナが明けたら旅行に行って会いたい」と待ち遠しそうだった。

 

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム