八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

桃林寺 除夜の鐘も制限 住職と檀徒のみで

「皆さんの思いの分まで鐘をつく」と除夜の鐘制限に理解を求める小林昌道住職=28日午後、同寺

「皆さんの思いの分まで鐘をつく」と除夜の鐘制限に理解を求める小林昌道住職=28日午後、同寺

 例年、除夜の鐘撞きでにぎわう臨済宗妙心寺派南海山桃林寺(小林昌道住職)では、新型コロナウイルス感染防止のため一般参加を制限する。

 桃林寺は、希望する一般人を交えて除夜の鐘をついているが、ことしは住職と檀徒の花園会役員のみで行う。1月1日午前0時に開始し、煩悩の数として108回鳴らす。

 小林住職は「皆さんの思いの分まで鐘をつくので、安心して年末をお過ごしください」と呼び掛けている。

 一方、大みそかの夜の縁起物販売などは例年通り境内で実施する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム