八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

YVB 観光ポイント制度開設

中山市長(左)、金城専務が「八重山アプリ」開設を発表した=21日午後、石垣市役所

中山市長(左)、金城専務が「八重山アプリ」開設を発表した=21日午後、石垣市役所

「八重山アプリ」に関するWEBページのQRコード

100円1㌽、アプリでたまる 滞在日数、消費額増狙う

 八重山ビジターズビューロー(中山義隆会長、YVB)は観光客の滞在日数、観光消費額アップを図る施策として「八重山アプリ 島色、無限大∞」のスマートフォンアプリを開設した。アプリを活用して加盟店で商品を購入すると100円当たり1㌽貯まり、全ての加盟店で1㌽1円として利用できる。コロナ禍で落ち込んだ観光復活や、滞在日数と消費額アップが目的。店舗での運用開始は24日から。

 YVBは21日午後、市役所での会見で制度趣旨を説明。同アプリはサイモンズ社の共通ポイントシステムを活用し同日、「八重山アプリ」を配信した。

 加盟店は石垣市、竹富町、与那国町の観光関連業などが対象。現時点で宿泊施設・ホテル、ダイビング、飲食店、ボウリング場など20店舗が加盟している。加盟店は随時募集する。

 アプリ利用方法は、利用者がアプリ上に表示されるQRコードを会計時に示し、店舗内に配置される専用機器で読み取るとポイントが付与される。ポイントは加盟店以外だと、サイモンズ社のネットショッピングで使える。

 同アプリでは加盟店情報や、観光情報が掲載される。多言語翻訳機能もあり、日本語、英語、中国語、韓国語に対応可能。

 加盟店舗はシステム利用料として2000円(月額)を支払う。来年12月までの期間、対象商品の料金1%をシステム維持管理費、会員へのポイント原資1%の利用料がかかる。

 また、来年1月1日~同月31日までの期間を「体験キャンペーン」と位置付け、PRを強化する。加盟店でポイントをためた人の中から、旅行券などが当たる抽選会を行う。キャンペーン終了後も同ポイント制度は継続運用する。

 会長の中山市長は「旅行でアプリを活用して八重山観光を楽しんでほしい」、YVBの金城徹専務は「GoToトラベルの一時停止でキャンセルが出ている。八重山の皆さんも活用して、八重山観光を体験してほしい」と呼び掛けた。

 同事業は国の誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成事業を活用、事業費は約1600万円。

 問い合わせ先はYVB(87―6252)。

  • タグ: 八重山ビジターズビューロー八重山アプリポイント
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム