八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平良海馬(西武)パ新人王 県出身選手、初の快挙

11月7日の楽天戦で同点の七回1死一、二塁から登板し力投する平良。力強い速球で2者連続三振を奪った=楽天生命パーク

11月7日の楽天戦で同点の七回1死一、二塁から登板し力投する平良。力強い速球で2者連続三振を奪った=楽天生命パーク

パ・リーグ最優秀新人賞を獲得し、あいさつする西武の平良海馬投手=日、東京都港区(代表撮影)

プロ野球「本当にうれしい」

 プロ野球の年間表彰式が17日、東京都内で開かれ、今季の最優秀新人(新人王)にパ・リーグは救援で34ホールドポイント(1勝、33ホールド)をマークした高卒3年目の西武・平良海馬投手(21)=石垣市出身、八重山商工高出=が選ばれた。沖縄県出身選手の新人王獲得は初めて。平良投手の快挙に地元は喜びに沸いた。西武からは17年の源田壮亮内野手以来で、入団3年目での選出は16年の高梨裕稔投手(日本ハム)以来となる。

 平良は新調したスーツに身を包み、緊張した面持ちで新人王の表彰を受けた。今季は最速160㌔の速球を武器に、シーズン途中からセットアッパーに定着。「入団した時からウエートトレーニングを続け、年々球速とかバランス、強さが生まれて今シーズンに生きた。取れて本当にうれしい」と喜びをかみしめた。

 MVPの柳田選手が最も苦手な投手に平良投手を挙げており、この日「球、速いね」と声を掛けられたと言う。今季、4打数無安打に抑えたリーグを代表する打者からの言葉を励みに「直接言ってもらえてうれしかった。(来季も)本塁打を打たれないように頑張る」と決意を新たにした。

 今季は自己最多となる54試合に登板した。速球に加えカーブ、カット、チェンジアップ、ツーシームと多彩な変化球を駆使。特にストライクカウントがとれる150㌔前後の高速スライダーで打者のタイミングをずらすなど、勝負球として強打者をほんろうした。1勝1セーブ33ホールド、防御率1・87と抜群の安定感をみせ、中継ぎのリード・ギャレット、守護神の増田達至へとつなぐ“必勝リレー”の一翼を担った。

  • タグ: 平良海馬新人王
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム