八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

作業員募集を開始 80~85人の緊急雇用見込む

観光関連人材雇い止め緊急対策事業の作業員募集をPRする石垣市観光交流協会のホームページ

観光関連人材雇い止め緊急対策事業の作業員募集をPRする石垣市観光交流協会のホームページ

石垣市観光関連雇い止め対策事業

 石垣市は17日、新型コロナウイルス感染症の影響による業績悪化などで失業を余儀なくされた市民を対象とする観光関連人材雇い止め緊急対策事業の作業員募集を、市観光交流協会のホームページ(HP)で開始した。市は2500万円の予算を確保しており、80~85人の緊急雇用を見込んでいる。観光関連人材の雇用を守りつつ、観光地・観光施設のレベルアップを図る考え。

 作業内容は主に観光地や観光施設での美化清掃、看板・柵などの補修・撤去・移動、樹木剪定・草木伐採、写真・動画撮影、パソコン作業、アンケート、車両運転などを予定する。

 希望者は登録申請書を協会に提出。登録期間は来年2月19日まで。協会が登録者に業務内容を一斉に通知し、先着順に受け付ける。登録者は現場管理者の指示を受け作業を行うことになる。

 労時時間は1日4時間以内で1週間20時間未満。謝礼金として時給950~1200円を支払う。週末締めの翌週火曜日払い。

 業務を行う場所を四つの区に分けており、居住地と違う区で業務を行う場合には1日につき100円を加算する。 

 中山義隆市長は「経済対策の一環。仕事がみつかるまでこの事業で対応してもらいたい」と呼び掛けている。

 詳細は市観光交流協会のHP(https://yaeyama.or.jp/)、問い合わせも同協会(82―2809)。

  • タグ: 石垣市観光交流協会新型コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム