八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地城御嶽 12代目神司・南さん退任 

地城御嶽の神司として55年間務め、引退とこれまでの感謝を神へ伝える「神ぬシュビアギ願い」を行う南照さん=14日午前、地城御嶽

地城御嶽の神司として55年間務め、引退とこれまでの感謝を神へ伝える「神ぬシュビアギ願い」を行う南照さん=14日午前、地城御嶽

平得村の世果報願い55年

 石垣市平得の地城御嶽(通称ギシュクオン)の12代目神司の南照さん(88)=平得=が14日午前、同御嶽の拝所で、退任の儀である「神ぬシュビアギ願いの儀式」を行い、55年間の務めを終えた。

 地城御嶽は平得の格式高い御嶽。『八重山島大阿母由来記』によると、沖縄本島「弁之御嶽」のイビの一つを移した御嶽であり、琉球国王の安泰祈願が行われたほか、在番等が着任した際は拝む場所でもあった。

 終戦後に同御嶽の神司となった母・友利ヒデさん、南さんは1965年に就任。子ども4人を育て、農業をしながら神司を務め、平得村の世果報と地域住民の健康を祈願してきた。

 南さんは同日、同御嶽の5カ所のイビ(聖地)を参拝してから、拝所で神ぬシュビアギの願いをささげた。万感の思いで声を震わせ「神様と別れることは本当に悔しいし悲しいが、この歳まで健康に頑張らせてくれてありがとうございます」と平得の方言を紡ぎ、涙をこぼし、神司の証であるかんざしと白い羽織「チョウキン」を神へ返した。

 氏子を代表し、南さんの義弟である西表健さん(81)が「地域住民や氏子の心に寄り添い、1日も欠かさず神司としての重責を全うしてくれた。心から感謝を申し上げたい」と感謝と敬意を表し、親族らが感謝状や記念品、歌踊りなどで南さんの長年の労をねぎらった。次代の神司は、ことし就任した40代と60代の2人の女性が担う。

 南さんは役目は終え「三つの役目を掛け持つのは大変だったが、神様に選ばれたので今日まで頑張ることができた」と目を細め「2人の跡継ぎが誕生してくれたので安心して退職できる。うれしいこと、悲しいこともあると思うが、神様から健康をいただいて頑張ってほしい」と新しい神司を激励した。

  • タグ: 地城御嶽12代目神司退任
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム