八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「よろしくお願いします」は方言でどう言う…

 「よろしくお願いします」は方言でどう言うのですかと問われ、詰まってしまった▼沖縄本島のしまくとぅば(方言)ではユタシクウニゲーサビラか?。八重山のすまむに(方言)では、すぐ出てこない。宮良方言を研究している大先輩にお尋ねしたが即答いただけなかった▼あとで、「ミシャソンニ ヒータボンナーラ(御髄になさってください)」ではどうかとの返事。でも、なにか物足りない。例えば新入社員の職場の皆さんへのあいさつ「どうぞよろしく」は、すまむにだと、ドウディン ミシタボンナーラ(お見知りおき願います)がその場にはふさわしい▼「ご家族によろしく」という短い伝言もすまむにではヤーニンジュー ノーンホーラヌサ バヌン ガンジューディ サリホーリヨ(ご家族皆さまお変わりないでしょうね。私も元気ですとお伝えくださいね)など言葉を連ねないと心細くなる▼以前、あいさつ言葉のおはよう、こんにちは、こんばんはに対応するすまむにが無いことや全国的にもこの手の方言がほとんど無いことを紹介したが、この「よろしく」も無いのではないか。近年の言葉なら、なお更▼「どなたかご存じならご教示方よろしくお願いいたします(タルンガサー ショウリルカ ドゥディン ナラーヒ タボンナーラ)」。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム