八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国町 DI-DI商品券、来月販売

「DI-DI商品券」の1000円商品券(与那国町観光協会提供)

「DI-DI商品券」の1000円商品券(与那国町観光協会提供)

18歳以上の町民対象 1割負担で2万円分

 与那国町の島内観光キャンペーン事業「DI-DI(ディーディー)商品券」が12月1日から販売開始される。同商品券は2000円で2万円分の商品券が購入できる内容で、18歳以上の町民約1300人が対象。新型コロナウイルス感染拡大の影響で低迷した島内消費の維持が目的で、同事業に登録している事業所で利用可能となる。町民全員に無料配布した「どなんクーポン」とは別の事業。

 同事業は、町内事業所で使用できる商品券を発行することで、新型コロナ感染症の影響で打撃を受けた地元消費の回復、地域経済の活性化に資することが目的。事業費は2800万円で、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用。予算は町議会9月定例会で可決した。

 商品券は1000円商品券20枚つづりを1冊として販売。町民は1割負担で購入できる。商品券は同事業に加盟している事業所で利用でき、購入時にお釣りは出ない。販売と有効期間は12月1日から来年2月28日まで。

 事業主体は町観光協会で、9日から参加事業者の受け付けをスタート。12日現在、飲食業、製造業、織物工房など11事業所が加盟した。同協会によると、同商品券の対象事業所は町内約100事業所で「町内全事業所は全て対象」という。

 与那国町は当初、島内観光に特化して事業展開を想定したが、新型コロナの影響で多くの業種が打撃を受けたため、全業種を網羅した内容に変更。企画財政課の担当者は「町民はコロナで島外に出にくいため、商品券を使って与那国の魅力を味わってほしい。事業者も経済が維持できてウィンウィンだ」と多くの利用を求めた。

 参加事業者は随時募集している。問い合わせは町観光協会(87―2402)。

  • タグ: 与那国町DI-DI商品券
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム