八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重高郷芸が県代表に 来年8月に和歌山県で全国大会

第31回沖縄県高等学校郷土芸能大会で全国大会推薦を勝ち取った八重山高校郷土芸能部の部員ら=7日午後、沖縄市民会館大ホール(提供写真)

第31回沖縄県高等学校郷土芸能大会で全国大会推薦を勝ち取った八重山高校郷土芸能部の部員ら=7日午後、沖縄市民会館大ホール(提供写真)

八重農、八商工も優秀賞 第31回県高校郷土芸能大会

 第31回沖縄県高等学校郷土芸能大会(沖縄県高等学校文化連盟主催)が7日、沖縄市であり、八重山高校郷土芸能部(鈴木音羽部長、部員42人)が全国大会推薦を勝ち取った。2021年8月に和歌山県で開催される第45回全国高等学校総合文化祭に県代表として派遣される。

 大会は第44回県高等学校学校総合文化祭の一環として、沖縄市民会館大ホールで開催。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来場者を保護者や関係者のみに限定した。

 八重高は、豊作への感謝をいきいきと表現した「みるく世ば給られ」を披露し、南風原高校とともに県代表2校に選ばれた。県内10校が出場し、八重高、八重山農林高校、八重山商工高校を含む6校が優秀賞を受けた。

 鈴木部長は「3年間の集大成を発揮して全国を勝ち取ることができ、すごくうれしい。仲間と最後まで頑張れてよかった。後輩には私たちの目標である国立劇場の舞台を勝ち取ってほしい」と感無量の様子。

 花城愛海副部長は「コロナの中だからこそ、舞台に立てることのありがたさ、周囲への感謝の気持ちを忘れず励んでほしい」と後輩たちにバトンを託した。

  • タグ: 八重山高校郷土芸能部全国高等学校総合文化祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム