八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

世界に届け!石垣島の音と風 アクセス8000件超

スペシャルライブでアンコールの「うたのうた」を熱唱するBEGIN、やなわらばー、きいやま商店のメンバーら=8日夜、市民会館中ホール

スペシャルライブでアンコールの「うたのうた」を熱唱するBEGIN、やなわらばー、きいやま商店のメンバーら=8日夜、市民会館中ホール

石垣島まつり2020ネットで生配信

 第56回石垣島まつり2020(同実行委員会主催)は8日、ウィズコロナを前提に開催日程を2日間から1日のみに短縮、プログラムを変更して行われた。市民会館中ホールから地元出身ミュージシャンによるスペシャルライブがYouTube「ビギンチャンネル」で生配信され、最大8000件超のアクセスがあった。多くの市民らが自宅や飲食店などで例年とは違う新しい形のまつりを楽しんだ。

 今回は「We are Living in Ishigakijia~世界に届け!石垣島の風と音」をテーマに「きいやま商店」をナビゲーターに迎え、午後5時から新型コロナを乗り越えて行く市民のさまざまな情景をバラエティー動画として配信。同6時45分からは、今年で解散を発表している「やなわらばー」、デビュー30周年を迎えた「BEGIN」のライブを生配信した。飲食店3店舗では店内で鑑賞ができた。

 実行委員会会長の中山義隆市長は配信前にあいさつし、「ことしはコロナで厳しい状況の中でみんな頑張った。コロナが落ち着き、楽しい日常を取り戻したい。医療従事者をはじめ生活を守っているすべての人々に感謝したい」と述べた。

 ライブでやなわらばーは7曲、BEGINは15曲を披露。アンコール曲「うたのうた」にはきいやま商店、やなわらばーも加わった。

 やなわらばーは23日、東京・東京国際フォーラムホールCでラストライブを行う。東里梨生さんは「石垣島で生まれ育ったことを誇りに思っている。ふるさとで歌うことができて良かった」、石垣優さんは「大坂でユニットを結成し、東京を拠点に活動していたが、やはり拠点はここ、ふるさとだと思った」と感謝した。

 BEGINの比嘉栄昇さんは「石垣島の皆さんと幸せを共有できた。ありがとう」と伝えた。

  • タグ: 石垣島まつりネット配信
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム