八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市 地域別意見交換開始

都市計画グランドデザイン策定に向けた地域別意見交換会に出席する住民ら=9日夜、川平公民館

都市計画グランドデザイン策定に向けた地域別意見交換会に出席する住民ら=9日夜、川平公民館

都市計画 グランドデザイン策定へ

 石垣市都市建設課は9日夜、都市計画グランドデザイン策定に向けた地域別意見交換会を開始した。都市計画マスタープラン(基本計画)と立地適正化計画、地域公共交通網形成計画、緑の基本計画、都市計画道路見直し計画の五つを連携させて策定する作業を進めており、これらに地域別の意見を反映させる考え。初日は西部地区を対象に川平公民館で開いた。

 マスタープランは策定から20年が経過しているため、現状の課題や社会情勢を踏まえつつ、将来を見据えた都市計画に関する方針をまとめる。これに都市機能の誘導、公共交通網や都市計画道路のあり方、緑化の保全や緑化の推進などを盛り込んだ各種計画を連携させ、一体的なまちづくりにつなげる。

 現状の課題について同課は▽新空港開港後の著しい観光客の増加▽旧石垣空港跡地利用と周辺地のまちづくり▽人口減少・少子高齢化▽災害に強いまちづくり―などを挙げた。

 意見交換会では地域の良いところや問題点を拾い出し、それらを共有する作業を行う。川平での意見交換会では「集落内の道路がでこぼこ」「災害時に孤立するので迂回(うかい)路を」「街路樹はなくてもいい。交通の妨げになる」「観光客やマリンレジャーの増加で自然環境が破壊される」「海岸線の保全を」「川平湾でのボート係留施設を」などの意見が出た。

 吉原地区の住民からは「吉原と都市建設課は景観地区でもめている。今も吉原は景観地区に入っている」と見直しを求める声が挙がった。

 市は意見交換会のほかパブリックコメント(市民意見募集)、住民説明会も行う。年度内策定を目指しているが、次年度にまたがることも想定している。

 意見交換会の日程は▽10日=伊原間公民館▽11日=名蔵公民館▽12日=白保公民館▽13日=市民会館中ホール。いずれも午後6時半~8時。

  • タグ: 石垣市都市計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム