八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ロシアへも輸出開始 ヤエヤマクロレラ

ヤエヤマクロレラの粉末

ヤエヤマクロレラの粉末

ヤエヤマクロレラの屋外バイオプール(いずれも八重山殖産提供)

八重山殖産 大国相手に島でビジネス

 八重山殖産㈱(中野良平代表取締役)=石垣市白保=は10月5日から、石垣島で培養・生産した「ヤエヤマクロレラ」の粉末をロシア連邦に輸出している。ロシアでもクロレラ製品のニーズが高まっていることから、パートナー企業を通じて輸出を開始した。

 同社は年間、100㌧近くを生産しており、うち7割を海外30カ国以上に出荷している。欧米諸国では健康素材としてクロレラの需要はもともとあったが、ことしはこれまで以上に海外需要が高まっており、輸出量は昨年の114%にまで増えている。

 同社は「今後も世界中の人々の健康に貢献することを目指し、ヤエヤマクロレラをその他の地域へも積極的に輸出・販売していきたい」としている。

 中野代表は「大国相手に石垣島でビジネスさせていただいていることに感謝している。今後も商品とともに『ヤエヤマ』のブランドを発信していきたい」と話している。

 ヤエヤマクロレラは、植物と同じく光合成で成長する藻類。石垣島で採取され、純粋分離と育種を繰り返して開発されている。 

  • タグ: ヤエヤマクロレラロシア輸出
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム