八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ゲート新設説明会 「誰でも参加可能に」

要請への対応についてやりとりする中山義隆市長(中)と公民館長ら=2日夜、石垣市役所会議室

要請への対応についてやりとりする中山義隆市長(中)と公民館長ら=2日夜、石垣市役所会議室

駐屯地における施設整備の概要

4公民館長、退席 防衛局、説明なしに陳謝

 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、開南集落隣接地に新たなゲートが計画されていることが発覚した問題で、沖縄防衛局は2日夜、出席者を中山義隆市長らと周辺4地区の代表者各1~2人に限定した説明会を市役所会議室で開いた。開南、於茂登、川原、嵩田の4公民館長が会場に足を運んだが、先に市に要請していた「住民誰もが参加できる説明会開催」の確約がとれないとして退席した。

 4公民館長は「代表者だけが説明を受け、説明責任を負うのはあまりにも負担が大きい」として中山市長に対し▽近隣4地区住民を参加可能にする▽周知期間を十分にとり、別日に開催する▽全市民を対象にした説明会も開催する―ことを防衛局に働きかけるよう要請し、市は口頭でその内容を防衛局に伝えていた。

 防衛局側は説明会の冒頭、「改めて、たくさんの方を含む形の説明会についてはコロナ禍の状況もあるので計画していない。必要な情報は市を通して提供する」と述べ、要請には応じられないとの考えを示した。

 これに関連して4公民館側は市の対応に猛反発、感情的に応酬する場面もあった。中山市長は最終的に「市長の立場として責任を持って4公民館の要請を防衛局に要求し、説明会を開催することを確約する」として理解を求めたが、4公民館側は「これは確約ではない。実現する段階で参加する」と反論するなど最後まで平行線をたどった。

 今回の設計変更はグラウンド外周道路を集落側に移し、出入り口も集落隣接地に設ける内容。

 4公民館長が退席した後、防衛局側は「市への説明がない中、設計変更が出てしまった形となり、心からおわび申し上げたい」と陳謝。グラウンドを災害時の救援拠点とするため、各種車両の通行を想定して新ゲートを計画していると説明、「ゲートは常時使用するものではない。門扉は、県道からセットバックした位置に設け、安全性を確保する。住民の生活環境に影響がないように努める」と述べた。

 中山市長は「ゲートについては理解するが、家の前のゲートに住民が不安に思っている。(集落から離れた)北側に移動できないか」と提案、防衛局は「現時点では他の場所に移す考えはないが、持ち帰って検討したい」と回答した。

  • タグ: 陸自ゲート新設
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム