八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

犬の散歩中、娘が道端で…

 犬の散歩中、娘が道端で2匹の子猫を見つけた。「通り過ぎようと歩を早めたら、1匹は草むらに身を潜め、もう1匹がよたよたついてくる。しつこくまとわりつくので抱っこしてきた。餌をあげてもいいか」と家人の承諾を求めている▼「2匹も飼っているのでダメ。見つけた場所に置いてきなさい」とむべない。3匹目でも飼いたい娘は、子猫を抱いたまま座り込んでいる。暗くなって「放してきた」と娘。家人「それでいい」▼翌朝、朝食時に顔を出す2匹の飼い猫が現れないので、勝手口から名前を呼んだ。潜んでいた裏庭から落ち着きなくあたりをうかがいながら家の中へ。空腹だとみえ玄関わきの餌箱へ一目散▼いつもなら、夫々の餌箱のふたをとるとすぐ食べ始める2匹が餌の臭いをしつこく嗅ぎ食べようとしない。そのうち後ずさりを始め外へ飛び出していった。自分たちと違う臭いに気づいた様子▼娘に尋ねたら内緒で餌箱の残りを子猫にあげたという。今、子猫は飼育未承諾のままわが物顔で庭をかっぽ、縁側で寝そべり飼い猫が寄ってくると背を丸め毛を逆立て威嚇する▼餌順のケンカ以外は勝手気ままに生きてきた飼い猫たち、居場所を子猫に占拠され屋外で潜む日が続いている。猫は同時期に飼いはじめないと一緒に暮らせない存在かな。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム