八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ハロウィーンで交流学習 こっこーまの親子招待

生徒らが考えたゲームに熱中する子どもたち=30日午前、八重山農林高校園芸実習室

生徒らが考えたゲームに熱中する子どもたち=30日午前、八重山農林高校園芸実習室

八重山農林高校ライフスキル科

 八重山農林高校ライフスキル科の生徒23人は30日午前、石垣市立おおかわ幼稚園の園児28人と石垣市子育て支援センター「こっこーま」の親子10組を招いて「ハロウィーンイベント交流学習」を同校園芸実習室で行った。

 同イベントは地域の子どもや親子との交流を通して、地域づくりの機会を図ることが目的。

 かぼちゃや魔女などの姿に仮装した子どもたちは、生徒が手作りした4種類のゲームを楽しみ、お菓子やシールなどの景品をもらった。

 おおかわ幼稚園の蜂巣聖道ちゃん(5)はお菓子の入った袋を広げ「五つももらった」と笑顔。同校3年の與那覇朱里さん(17)は「みんなに楽しみながらハロウィーンを知ってもらえてよかった。想像以上に楽しんでくれてすごくにぎやかでびっくりした」と振り返った。

  • タグ: 八重山農林高校ライフスキルハロウィーンこっこーま
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム