八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

修学旅行 大規模校も続々来島へ

玉取崎展望台で眺望を満喫する修学旅行生たち=27日午後、同所

玉取崎展望台で眺望を満喫する修学旅行生たち=27日午後、同所

学校側、市中感染を注視

 10月から八重山の修学旅行シーズンが始まり、本土の大規模校も石垣島入りしている。観光関連業者は今期の来島校数を例年並みと見込んでおり、今後も大規模校が続々来島する予定。一方、市内の医療機関では新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生しているが、学校側は市中感染に至っていないことで旅行を実施。今期の修学旅行成功のカギは、市中感染を抑え込むことにある。

 27日、大阪桐蔭高校(今田悟校長)の生徒約170人が石垣島入り。3泊4日で石垣島、西表島、黒島を巡る。同校は6月に北海道旅行を計画していたが、時期とエリアを変更した。沖縄県への修学旅行は約25年ぶりで八重山観光は初めて。

 同校2年の浅越健人君(17)は「場所を問わず、修学旅行ができてうれしい。旅行が終わったら受験なので、悔いが残らないように楽しみたい」、森﨑涼也君(同)は「体を動かすことが好きなので、2日目のアクティビティが楽しみ。サップを楽しみたい」と話した。

 クラスターで新規陽性者が連日増えている石垣市だが、同校は保護者から92%の旅行同意を得て実施。引率担当教諭は「クラスターは院内にとどまっていると聞く。市中感染が起きていたら来ていないだろう」と述べており、市中感染の有無も旅行実施の条件となっている。

 ㈱東運輸(松原栄松代表取締役社長)によると同社が担当する修学旅行は10月5校、11月7校を予定。本土の学校は大規模校含めて9校が石垣島入りする。予約ベースで一時期、例年の2倍となったが、最終的に100校前後の来島を見込み、延期と海外振り替えが入る3月をピークと予測した。久場島清俊常務取締役は修学旅行成功のカギとして「市中感染が起きていないことは大原則。また来島した生徒、教師を誰一人感染させないことだ」と強調した。

 ㈱日本旅行関西教育旅行支店(伊藤実紀支店長)によると八重山入りする関西勢の修学旅行は、前年の約20校とほぼ同水準で推移。棚倉淳平副支店長は「今後も海外旅行を取りやめる学校が増えるだろう。関西の学校は本州旅行で満足しないので、北海道か沖縄の離島を選ぶ」と予測している。

  • タグ: 修学旅行八重山
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム