八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島アウトフィッターユニオン 持続可能な観光を

帆掛けサバニ「鶴丸」をこぐ参加者たち。帆は(同ユニオンが)小さくても大空を羽ばたけるようにとの願いが込められている=25日午後、明石橋海岸

帆掛けサバニ「鶴丸」をこぐ参加者たち。帆は(同ユニオンが)小さくても大空を羽ばたけるようにとの願いが込められている=25日午後、明石橋海岸

海岸沿いで2頭のヨナグニウマに乗る少年たち=25日午後、明石橋海岸

コロナ後見据え、長期滞在型ツアー創出

 北部地域を中心に石垣島で自然体験ツアーを扱う21事業者から成る団体「石垣島アウトフィッターユニオン」(大堀健司会長)は25日午後、コロナ後を見据えた長期滞在型の新しい観光プログラム「石垣島北部の自然と伝統を生かしたサスティナブルツアー」を明石橋海岸で実施し、市内在住者30人余りが自然環境に負荷をかけないアクティビティを通して、島の自然や文化を満喫した。

 同体験は、環境省の2020年度国立・国定公園への誘客推進事業の採択を受け実施。コロナの影響で休業状態となっている自然体験を扱う個人事業主に対し収束までの経済的支援と収束後に展開できる新しいプログラム作りを行うことが目的。

 この日、参加者らは化石燃料による動力を用いない木製帆船(サバニ)、カヌー、乗馬など三つのアクティビティを思い思いの順番で楽しんだ。

 大堀会長は「コロナで観光業がストップしたのを機に、改めて石垣島の自然体験について振り返ってみると、大人数の客を短時間で回すことが多くなっている現状に気づいた。コロナ後は長期滞在で島の自然をゆっくり楽しんでもらいたい」と語り、「『量より質』で考え、島全体でも、この観光でいいのか、投げ掛けるきっかけにしたい」と呼び掛けた。

 野底小6年の娘、陽向さんと一緒にカヌー、サバニを体験した母・山口恵さんは「どちらもすごく気持ちよかった。人の力で動かしているから、エンジン音がしなくて静か。海面も近く、島の自然を満喫できた」と喜んだ。初めて乗馬を体験した野底小5年の井上誠貴君(10)は「ちょっと揺れたりするけど、面白かった。また乗りたい」と満足げな表情を見せた。

 同ユニオンは、05年に竹富町新城島—西表大原間で起きたカヌーツアー事故をきっかけに同年、「石垣島沿岸レジャー安全協議会」として発足。17年に組織名を「石垣島アウトフィッターユニオン」に変更し、定期的に救命救助や安全訓練などを行うことで、水難事故防止や自然環境の保全などに努めている。

 11月18日からは2泊3日の日程で弱視やダウン症などの障害のある人でも楽しめる「化石燃料を使わないサスティナブルモニターツアー」を開催予定。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム