八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新型コロナ 老人福祉施設に拡大

かりゆし病院関係陽性者

かりゆし病院関係陽性者

かりゆし関連28人に 19日、新たに8人

 八重山地域新型コロナウイルス感染症対策本部は19日、石垣市で新たに8人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。8人のうち、かりゆし病院の入院患者が6人、職員が1人だが、1人は同院隣接の介護老人保健施設「聖紫花の杜」(入所60床、通所リハ80人)の入所者。八重山管内で老人福祉施設内での感染確認は初めて。感染経路は不明。かりゆり関連の感染者は28人に拡大した。同本部は、感染経路が不明なまま拡大する「市中感染」に警戒を強めている。八重山保健所管内の感染者の累計で89人となった。

 同本部によると、18日夕に八重山病院の保険診療PCR検査で3人の陽性が判明。17日に採取した検体43件の検査結果は19日に明らかとなり、陽性者が5人となった。

 職員を除く7人は、かりゆし病院と聖紫花の杜に入院・入所する60~90代の男女。いずれも八重山病院に入院中だが、症状は明らかにしておらず、かりゆし病院の入院患者には居住地が竹富町1人、与那国町1人も含まれている。職員は、症状が軽症で宿泊療養施設に入所した。

 八重山病院の入院患者は23人、宿泊療養施設(アパホテル石垣島)の入所者は5人。

 聖紫花の杜はかりゆし病院の関連施設だが、職員や利用者が行き来して接点を持つことはないという。聖紫花の杜によると、入所者への面会は、かりゆし病院の入院患者に感染が確認された翌日の16日から禁止。通所リハビリは19日、利用を停止した。同日には同施設の入所者、職員、かりゆし病院関係者ら133件のPCR検体を採取した。結果判明は2~3日後の見通し。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム