八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

かりゆし病院でクラスターか 入院患者9人が感染

回復期の入院患者9人に新型コロナウイルス感染が確認されたかりゆし病院=16日、石垣市新川

回復期の入院患者9人に新型コロナウイルス感染が確認されたかりゆし病院=16日、石垣市新川

新型コロナウイルス感染状況

新型コロナ 10月末まで施設閉鎖

 かりゆし病院(境田康二院長)と八重山地域新型コロナウイルス対策本部(本部長・宜野座葵八重山事務所長)は16日夕、同病院で入院していた60~90代の回復期患者9人に新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。八重山合同庁舎で対策本部会議終了後に明らかにした。八重山管内での院内感染は初めて。3例目のクラスター(感染者集団)発生とみられる。感染経路は分かっていない。9人とも同日までに八重山病院に入院、うち80代女性1人が重症。かりゆし病院は同日、外来診療や入退院を停止、10月31日まで閉鎖する。

 かりゆし病院によると、10月10日ごろから入院患者に発熱の症状が出始め9人に拡大、インフルエンザの検査でも原因が不明だったため、15日夜に八重山病院でPCR検体を採取するとともに抗原検査を行ったところ、4人の陽性が判明。16日には、4人と同部屋の入院患者と看護に当たった職員合わせて59人の検体を採取、入院患者23人と医師3人に優先して抗原検査を行った結果、入院患者5人の陽性が確認された。残る職員についてはPCR検査の結果が出るまで自宅待機。

 感染経路について境田院長は「分かっていないが、面会者と職員の可能性がある。10月3、4日ごろに外から持ち込まれたものと思う」と述べ、入院患者と職員の全員を対象に順次、PCR検査を行う意向を示した。同病院は1階に一般病床22床、2階に回復・療養病床88床を有し、職員約300人が従事する。

 県によると、15日に感染が確認されたのは60代女性1人、70代女性1人、80代女性2人。80代女性のうち1人が重症で、残りは軽症。かりゆし病院によると、16日の陽性判明者は70代女性1人、80代男性3人、90代女性1人で、いずれも発熱などの軽症。八重山での累計感染者は70人となった。

 県によると、八重山病院のコロナ対応可能な病床は13床となっているため、重篤化する可能性のある高齢患者を優先して受け入れる考え。宜野座所長は「さらなる増床に向け病院と調整したい。かりゆし病院にも受け入れについて調整していきたい」と述べた。

  • タグ: 新型コロナかりゆし病院クラスター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム