八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

修学旅行シーズン到来 コロナ禍で1カ月遅れ

1カ月遅れの八重山郡内就学旅行シーズンが始まり、沖縄本島の3中学校が石垣島入りした=12日午後、南ぬ島石垣空港

1カ月遅れの八重山郡内就学旅行シーズンが始まり、沖縄本島の3中学校が石垣島入りした=12日午後、南ぬ島石垣空港

3市町、郡内変更は12校

 新型コロナウイルスの影響で実施可否が懸念されていた修学旅行のシーズンが始まった。例年、9月から始まるが、キャンセルが相次いだことで1カ月遅れのスタート。12日、沖縄本島の中学校が当初予定の候補地を変更して石垣島入りした。一方、八重山郡内の公立小・中学校では12校が郡内旅行に変更、八重山観光を楽しむ。

 ■「成功例」に期待

 この日、修学旅行で石垣島を訪れたのは座間味村立の座間味、阿嘉、慶留間の中学3校36人。

 3校は通常、九州地方に行くが、今回はコロナ対策で県内旅行に変更。慶留間小中の二宮陸生校長は「(九州で感染して)病院に行くとなると手間がかかるが、県内なら万が一の時でも対応できるので県内を選んだ」と変更理由を説明する。

 修学旅行の観光バスを運営する東運輸㈱によると、9月は5校ほどの予約があったが、全てキャンセル。10月は大阪府2校、石垣市1校の予定がある。11月以降については直前まで流動的な部分があるという。

 同社の日笠利昭総務課長は「修学旅行を受け入れるのは2月以来、8カ月ぶりだ」と安堵。「1校が成功したら他の学校もキャンセルなしで来てもらえると思う。どこかの成功例を見たいのだろう」と分析する。

 ■GoToでリゾート

 八重山郡内の公立小・中学校は感染症対策のため、修学旅行の次年度延期や行き先変更を実施している。石垣市教育委員会によると、修学旅行実施校のうち郡内旅行に切り替えたのは小学校11校、中学校1校の計12校。竹富、与那国町の両教育委員会によると、現時点で公立学校の郡内旅行計画はない。

 このうち登野城小学校(棚原広幸校長)は12月に郡内で実施。石垣島で宿泊し、西表島を巡る1泊2日の旅だ。石垣島で戦跡巡り、西表島でトレッキングを行う予定。

 棚原校長は「離島に行ったことがない児童もおり、郡内の自然に触れることは勉強になる」と意義を語る。国のGoToトラベルキャンペーンを活用し、市内での宿泊先はリゾートホテル。「高めのホテルでも選べ、選択肢が広がった。金銭的にも負担にならない」と話す。

 沖縄ツーリスト石垣観光センターによると、郡内修学旅行は航空運賃が不要でGoToトラベルの割り引きも可能なため、高級リゾートホテルに宿泊する学校が多い。複数校の修学旅行を企画する同社の西表淳センター長は「島の子が地元に目を向け、地域に誇りを持ってもらえる機会になれば」と期待している。

  • タグ: 修学旅行新型コロナウイルス
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム