八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「特養」整備に遅れ 21パールプランいしがき

今年度が最終年度となっている高齢者福祉計画・介護保険事業計画の表紙。計画期間内での特別養護老人ホームの整備が極めて困難となっている

今年度が最終年度となっている高齢者福祉計画・介護保険事業計画の表紙。計画期間内での特別養護老人ホームの整備が極めて困難となっている

求人平均賃金

石垣市内4カ所目 背景に人手不足

 石垣市の第7期高齢者福祉計画・介護保険事業計画「21パールプランいしがき」(2018~20年度)に基づく特別養護老人ホームの整備事業に遅れが出ている。市は2018年7月、4カ所目となる特別養護老人ホームの整備事業所を選定、建設期限を21年3月末までとしていたが、選定事業所によると、19年度に建設用地約3300平方㍍を購入したものの、建設単価の高騰や新型コロナウイルスの流行など昨今の社会情勢に加え、慢性的な人手不足から整備をちゅうちょしているという。「ニーズがあるので進めたい」としているが、着工・完成の見通しは立っていない。

 市は、同計画の基本方針の一つ「介護が必要になっても安心して暮らせるまち」で「施設・居住系サービス等の基盤整備の促進(中略)に取り組む」としている。市内3カ所ある特別養護老人ホームでは現在、200~300人の入所希望者が待機、入居に2~3年待つケースもあることから、特別養護老人ホームの整備が急がれている。

 しかし、人材確保の見通しが立たず、建設単価や新型コロナが落ち着いたとしても、整備後の運用面に懸念がつきまとう。同事業所はデイサービス、ケアハウス、訪問介護などを展開しているが、現状でも介護職8人、看護職2~3人の人手が不足しているからだ。

 その背景の一つには給与水準の低さがある。八重山公共職業安定所管轄内の過去5年間(15~19年度)の介護職求人平均賃金は月額16万7000円で、全業種平均の18万円より1万3000円も下回っている。国が入居者1人当たりの報酬額と施設職員の人員配置を固定していることから、各事業者の力量で給与水準を上げるのは困難な状況だ。

 加えて入所系介護施設の労働条件も。▽年末年始や正月、旧盆などに関係なく3交代制(朝勤・昼勤・夜勤)で24時間365日体制▽車イスーベッド間の移乗など重労働の多さーなどから就職が敬遠される傾向にある。

 このような状況について、市介護長寿課の東蔵盛充課長補佐は「介護人材の渡航費を補助するIUターン事業や、コロナで失業した市民を対象とした第2回介護研修を10月中に実施する予定で、市としても介護人材確保に努めていく」と話す。

 選定事業所は「足元のコロナ対策で時間を取られ、新規事業まで回っていない。市は7期中と話すが、8期に繰り越したい」と要望する。(三ツ矢真惟子記者)

  • タグ: 介護保険事業計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム