八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山広域市町村圏事務組合 ラジオ中継局機能強化

於茂登岳山頂にあるラジオ中継石垣局。2021年度にバンナ岳と川平の2カ所へ移転となる(八重山広域市町村圏事務組合提供)

於茂登岳山頂にあるラジオ中継石垣局。2021年度にバンナ岳と川平の2カ所へ移転となる(八重山広域市町村圏事務組合提供)

来年度移転へ 実施設計委託費を可決

 八重山広域市町村圏事務組合議会(仲間均議長、8人)の臨時会が8日午前、石垣市役所で開かれ、八重山地区ラジオ中継局機能強化事業の実施設計委託費を追加する2020年度一般会計補正予算案など2議案が全会一致で可決された。ラジオ中継局は21年度、現在の於茂登岳からバンナ岳と川平に移設する。

 一般会計補正予算は3853万円を増額し総額を1億247万円とするもの。このうち、ラジオ中継局事業の実施設計委託料は負担金として3978万円。事業申請は石垣市が行い、竹富町と与那国町が案分額を市に納入後、市がまとめて同組合に支出した。

 委託料は内閣府の沖縄離島活性化推進事業費補助金を活用し、国8割、県1割、3市町1割の負担。

 同事業は石垣局(於茂登岳)、西表局(西表祖納)、与那国局(久部良岳)の3局が対象。石垣局は移転し、西表と与那国局は機器を更新する。

 石垣局は、バンナ岳と川平にある民間中継局に機器を新設する。同組合は、於茂登岳から2地点に移転することで▽難聴地域(都市型難聴、北部地区難聴)の改善▽落雷被害の減▽徒歩移動が減り修繕時の負担減|をメリットに挙げる。

 今年度で実施設計を行い、21年度に放送機器の更新と移設工事を行う。

 臨時会では、227万円円を減額し総額を274万円とするふるさと市町村圏基金特別会計補正予算案も可決された。延期となった「2020全国のやいまぴとぅ大会」の補助金400万円を減額し、「やいまぴとぅ応援メッセージ・プロモーション映像制作事業」の委託料166万円を追加した。3市町の字会・公民館の24団体が全国の郷友会などに対し、地元をPRする動画メッセージを作成する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム