八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

現庁舎跡利用 24年度の供用開始目指す

跡地利用計画が進む石垣市役所庁舎

跡地利用計画が進む石垣市役所庁舎

石垣市 民間事業者への調査実施

 現庁舎の跡地活用事業で石垣市は2020年度に基本計画の策定、21年度に事業者の募集・選定、施設整備を経て24年度の供用開始を目指している。これに向け現在、民間事業者から広く意見・提案を求めるサウンディング調査を行っている。事業者との対話などを通じて利活用の方向性、市場性の有無などについてアイデアを得る考えだ。

 12月に作成した基本方針によると、跡地は市民と来訪者との交流拠点を整備する方針との位置付け。防災機能を備えた複合施設を公民連携事業で整備し、にぎわい創出を図る。民間事業者の資金・ノウハウを最大限活用して財源の確保に努めるとしている。

 事業予定地は本庁舎敷地1万373平方㍍と教育委員会庁舎敷地987平方㍍。導入を必須とする機能として民間施設には▽公共交通結節▽複合型商業▽有料駐車場、公共施設には▽市民・サービス窓口(観光案内など)を求めている。民間事業者に提案に委ねる機能としてはエンターテイメント(劇場ホールや映画館など)がある。

 公共施設と民間施設を事業者が一体的に整備する公民連携のPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)手法で行うものとし、市は事業者と事業用定期借地権設定計画を締結、事業者は公共施設の設計から建設まで行い、事業期間が終了するまで維持管理するとともに、民間施設も整備・運営する。賃貸借期間は20~50年を設定した。

 サウンディング調査は、跡地活用事業に参画する意思を有する法人か法人のグループを対象に提案を求める。市は9月28日から10月16日までの現地見学に対応し、27日に東京会場で同29日に那覇会場でヒアリングを行い、事業スキームの概要や整備イメージ、民間活用の可能性などを把握する。来年2月上旬に調査結果を公表し、4月以降に事業者の公募・選定を行う予定だ。

  • タグ: 石垣市庁舎
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム