八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

週に10冊もの本を図書館から借りる友人…

 週に10冊もの本を図書館から借りる友人がいる。本はジャンル不問、知識欲は森羅万象に及び読後に内容や感想をブログなどで発信している▼先日、図書館の蔵書について物足りなさを話していた。気に入った著者の他の作品を借りようとしても、無い場合が多いという。少ない年間の図書購入費では一般向けの月刊誌や新刊、ベストセラー、児童書、絵本などを優先しなくてはならず個人の著作を数種も買う余裕がないと係の弁▼そういえば島の本好きや研究者の死後遺った蔵書はどんな扱いを受けているのだろうか。以前、蔵書を寄贈したいという電話で担当が出向いたら引っ越し機会の引き取り願いという笑話もあって、最近では詳しくお話を聞いてお受けするようにしていると▼選別してでも引き受けてもらえるなら寄贈したいという人は少なくないと思うので門戸は常時開けておきたい▼さて市立図書館は6日に開館30周年を迎える。開館準備に走り回った潮平俊さんの娘道代さんが節目の館長という巡り合わせも▼図書の貸し出しカードの図案がオオゴマダラ(崎山克馬さん作)なので八重山凧愛好会がオオゴマダラの凧とシャクシメー(お菓子落とし用も)を11日まで展示中。会員の三本木善吾さんも凧作りの参考にと貴重な凧の本を20冊余寄贈した。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム