八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「市民みんなで決めましょう」を…

 「市民みんなで決めましょう」をタイトルにした投稿が9月20日付本紙7面に載った。陸自配備予定地周辺4地区のうち川原自治公民館の館長を務める具志堅正さんが書いた▼4地区が昨年4月11日、初めて中山義隆市長と面談した際、住民投票の実施を要望するとともに結果を尊重すると明言したことを振り返りつつ、「この島で暮らしている住民の声をまったく聞かず、つっぱねるのはおかしな話」と住民投票を認めない政治状況に納得がいかない▼そして、市長が市有地を防衛局に売り払うことを議会に諮り、売却が決定されたことに「これから先の私たちの運命や未来が、そのわずか10数人に決められてはたまったものではありません」と納得がいかない▼国防や安全保障に関することを一地方自治体の住民投票で問うのはそぐわないと言いつつ、市有地売却について住民の代表である議員が決定するのはおかしい、民意を問え、というのが具志堅さんの主張だ▼石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表は9月9日の控訴会見で「偉い方へお願いです。三ミツを避けましょう」と自ら描いた絵を紹介。三ミツの最後に「丑(うし)三つ時」を挙げ、「何を恐れているの? そんなに怖いの? 市民の声」と問うた▼ならば受けて立とうという偉い方はいないか。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム