八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

川田カメさん、新百歳

中山義隆市長や大勢の家族に囲まれる川田カメさん=25日午後、ばすきなよお

中山義隆市長や大勢の家族に囲まれる川田カメさん=25日午後、ばすきなよお

子、孫、ひ孫玄孫まで、家族みんなで祝福

 中山義隆石垣市長は25日午後、社会福祉法人希望ヶ丘ケアハウスばすきなよお(宮良美和統括施設長)を訪れ、新百歳を迎えた川田カメさんへ内閣総理大臣と県知事からの祝い状をそれぞれ伝達、市からの頌状と記念品を贈呈した。施設には多くの家族が集まって祝福。カメさんは「みんなでお祝いしてくれてありがとう。うれしい」と感謝した。

 カメさんは1920(大正9)年9月12日、宮古島上野に生まれ、55年に計画移民で平久保に移住。故夫・秀雄さんとともにサトウキビや野菜を育てるなど農業に従事した。6人の子宝に恵まれ、孫21人、ひ孫51人、玄孫(やしゃご)1人と大勢の家族に囲まれている。

 現在はばすきなよおに入所しており、健康状態も良く、車いすを押して歩けるほど足腰も丈夫だ。

 中山市長は「戦中、戦後の厳しい時代を生き抜き、家族、子や孫を育ててこられた。これからも元気で長生きしてほしい」と祝福した。

 長男の文夫さん(73)は「何でもよく食べ、頭もしっかりしている。施設でも友人とのおしゃべりを楽しんでいる。120歳まで生きると思う」と笑顔を見せた。祝いの「あやかり節」を披露したひ孫の多宇楓香さん(20)は「100歳はすごい。ひいばあちゃんのように自分も100歳まで生きたい」と誇らしげに語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム