八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

テニスの全米オープン…

 テニスの全米オープン女子シングルスで2度目の優勝を果たした大坂なおみ選手は、黒人差別の被害を訴えるマスクを着用して注目を集める一方、体幹の強化も話題になった▼体幹トレーニングで鍛えたという。スポーツニュースなどで良く聞く。でもよく分からない。調べてみると、手足を除いた首から下、つまり体の幹となる部分のこと。そこを強化すると、どうなるのだろう▼まず筋肉のバランスを整え、体全体の安定性が高まるという点に最大のメリットがあるようだ。なるほど、体の軸や体の中心となる部分がしっかりしていないと、いくら手足を鍛えてもバランスが悪くなるということか▼全米オープンでの大坂選手のプレーに、体勢を崩しても打ち返すスーパーショットに体幹強化の跡が伺われたというのだ。この体幹、スポーツだけでなく日常生活においても大いに役に立つ▼筆者は40代半ばから腰痛に悩まされ、激痛に襲われることもしばしばだった。長年、姿勢を正しくしようと胸を張っていたが、それが反る姿勢になり、腰に大きな負担をかけていたのだった。そのことを、運動指導士に即座に指摘されたときは目からうろこ▼その後、姿勢を意識するだけで劇的に改善した。「幹」「軸」「中心」の重要性を、体幹トレーニングを通して実感している。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム