八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

候補地で意見相違 与那国町議会

食育センターの候補地をめぐって田里氏(手前)と激論を交わす外間町長ら=24日午後、与那国町役場

食育センターの候補地をめぐって田里氏(手前)と激論を交わす外間町長ら=24日午後、与那国町役場

町長部局と町教委 食育センター建設計画

 【与那国】町が建設計画を進める町総合食育センターに対し、町教育委員会が臨時会で現候補地を不適切と決議し町長部局の計画に疑義を呈していたことが24日、分かった。9月定例議会一般質問で、田里千代基氏が情報公開請求で町教委から入手した資料で明らかにした。これに対し、当局側がこの決議を公文書として受け取ってないと拒否していたことも判明。公文書の取り扱いや、独立した行政委員会と町長部局との関係性をめぐって課題が露呈する格好となった。

 同センターは小中学校と高齢者施設への給食配食や食育施設を併せ持つ複合施設で、旧祖納保育所と現給食調理場の解体後の跡地に建設する予定。町当局によると、同センターの策定委員会は6月29日付で町長から基本計画策定の諮問を受け、今月30日に答申する予定だったが、諮問内容6項目に建設場所は入っていない。

 一方、町教委は、食育センターが給食調理場という教育施設を含むため町教委規則第2条2項「教育機関の設置及び廃止並びに位置を変更すること」に該当すると判断。8月14日の第6回委員会臨時会で、現協同調理場付近で過去に交通死亡事故も発生していることから別の町有地となっている場所が適切とした。田原伊明教育長は「教育委員会の意見をまとめ当局に申し上げている」と答弁した。

 ところが、町当局はこれを町教委から文書として受け取っておらず、理由について上地常夫総務課長は「(教育委員会事務局は別の候補地に)伝統工芸館が建築されることを委員に知らせていない。その行為に憤慨した」と説明した。

 田里氏は「教育行政が決めたものを一般行政でひっくり返すのは前代未聞」「委員会で決定したことが通らない。独裁行政だ」と批判、外間町長は「突き返した文書なので存在しない文書」とするなど大激論を展開した。

  • タグ: 与那国町議会食育センター建設計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム