八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

第56回石垣島まつり2020 BEGINライブ配信

本年度の石垣島まつりについて協議する実行委員会役員ら=24日午後、石垣市役所

本年度の石垣島まつりについて協議する実行委員会役員ら=24日午後、石垣市役所

厄よけ祈願たこ揚げや花火も

 11月8日に新栄公園で開催される「第56回石垣島まつり2020」について、同実行委員会(中山義隆会長)は24日午後、第2回役員会を市役所庁議室で開き、プログラムを縮小して無観客で開催することを決定した。メーンイベントとして市出身アーティストBEGINによる「デビュー30周年スペシャルライブ」を動画サイトYouTubeと石垣ケーブルテレビで配信する。厄よけ祈願アマビエのたこ揚げや応援メッセージを張り付けたエール花火(打ち上げ花火)も行う。

 テーマは「We are living in ISHIGAKIJIMA〜世界に届け!石垣島の風と音2020・THE石垣島まつり〜」。例年のステージプログラムやパレードは行わず、午後5時から同9時までの動画配信を行う。新型コロナを乗り越え、島の魅力を島内外にPRする1分程度の動画を市民から募り、ニュース風のバラエティー動画集にして放映。その後、市民会館中ホールからBEGINのスペシャルライブを中継する。

 午前10時から12時までは厄よけ祈願として「あまびえーぐる」などをあしらった感染予防横断幕のたこを揚げる。

 無観客のため出店はないが、市内飲食店などを対象にした応援企画を実施。今後、開催日限定の特別メニューやテークアウト、割引特典などを設ける賛同店舗を募る。店舗利用者を対象にした抽選会も行われる。

 実行委員会会長の中山市長は「新しい形での開催となる。島の人が元気になるようなまつりにしたい」と語った。黒嶋克史副会長は「パレードもなく寂しいような気持ちもあるが、初のライブ配信を通して多くの各地域、世界へ発信していけたら。石垣市の発展につなげていきたい」と述べた。

  • タグ: 石垣島まつりBEGINライブ配信
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム