八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

珍しいヤシガニ発見 左腕に二つのハサミ持つ

左側前肢に2つのハサミがあるヤシガニ

左側前肢に2つのハサミがあるヤシガニ

左側前肢に2つのハサミがあるヤシガニ

 石垣市白保の海岸で18日、左側の前肢に2つのハサミを持つ珍しいヤシガニが発見された。盛山和行さん(48)=宮良=が同日午後9時ごろ、釣りをしていた際、現れたという。

 盛山さんは「最初見つけて餌をあげようとして爪を見たら、なんだこれはと思った。知り合いに見せたところ、こんなのは見たことはないとのことだった」と目を丸くした。

 国立研究開発法人水産研究・教育機構水産技術研究所の佐藤琢さんは取材に「非常に珍しい個体。脱皮前にけがを負って、脱皮後の再生過程で奇形が生じたものだと思う。化学物質や環境汚染との関連は低いと考えている」とコメントした。

 石垣市では、2014年6月24日から市ヤシガニ保護条例が施行されており、ヤシガニの持続的な活用のため通年の捕獲などを禁止している。解禁期間は9〜11月で▽胸長4㌢以上5.5㌢未満の雄▽ヤシガニ保護区(伊原間から平久保にかけての地域)外の地域ーに限られる。

 発見された珍しい個体は胸長5.5㌢以上であったため、観測後にもとの浜へ戻すことにしている。

  • タグ: ヤシガニ2つのハサミ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム