八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

15日の「老人の日」から…

 15日の「老人の日」から21日の「敬老の日」までは老人週間。いつもは各地域で敬老会が行われ、長年、地域をリードし、発展に貢献してきた大先輩の功績をたたえ、長寿を祝うが今年は、新型コロナの影響で自粛する地域が多いことだろう。残念だ▼沖縄県が発表した郡内の65歳以上の高齢者の数は1万1893人。総人口に占める高齢化率は21・3%。5人に1人以上が高齢者だ▼この中で、新百歳を迎える人数は、石垣市で12人、竹富町と与那国町で各1人。100歳以上は3市町で53人。大正、昭和、平成、令和と、四つの時代をたくましく生き抜き今の時代を築いてきた功労者たちだ▼65歳以上が高齢者と位置付けられているが、さらに先輩たちにいわせると「60代などはまだまだ青年」という。それほど年を感じさせない年配者は多い。本紙でも15日から「生涯現役」として、高齢になっても仕事や趣味、スポーツなどに元気に取り組むお年寄りを紹介している▼筆者は20数年後に、こんなに元気な姿でいられるのか、今の生活を含め考えさせられる▼高齢者は現代の知恵袋。長年の人生経験のなかで培った生活の知恵、ものづくり、遊び。ものが豊かに、便利になり、生活が変化する中、忘れてはいけない八重山の原点を伝え続けてほしいものだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム