八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

フラ愛好家が動画配信へ KINIアロハフェス2020in石垣島

美しい観光地でフラを披露したメケアロハプメハナのメンバー=16日午前、石垣シーサイドホテル中庭

美しい観光地でフラを披露したメケアロハプメハナのメンバー=16日午前、石垣シーサイドホテル中庭

コロナ影響イベント中止で来月25日公開予定

 新型コロナウイルスのまん延防止や安全確保のため県内外からフラ愛好家を招いての開催が中止となった「KINIアロハフェスティバル2020in石垣島」(主催・実行委員会、共催・八重山毎日新聞など)へ参加を予定していた人や沖縄ファンへ八重山の景色と地元フラ団体の踊りを届けようと石垣島と与那国島から合わせて6チームが動画撮影に臨んだ。最終日の16日は、石垣シーサイドホテルで石垣市内で活動するメケアロハプメハナの撮影が行われた。動画は10月25日に動画共有サイトのYou Tube上で公開される予定。

 同フェスティバルは、石垣市と米ハワイ州カウアイ郡姉妹都市関連事業で、ことしで3回目。

 年々、参加人数も増え、今回は過去最多となる23チームが申し込み、総勢約300人が参加を予定していたが、新型コロナ感染拡大防止の観点から一堂に会しての実施は取りやめとなった。

 参加できなかった人たちにも八重山の風景を楽しんでもらおうと開催予定地だった石垣市の舟蔵公園や730交差点、与那国町の東崎や比川のカタブル浜など6カ所で踊りの動画を収録した。

 最終日の撮影に参加したメケアロハプメハナのメンバー7人は、ドローンなどを使い、美しい海と青空の石垣島らしい風遺をバックにした踊りを収録した。

 来年からは、より分かりやすくし知名度を上げるため「石垣島フラフェスティバル」へ改称する予定で、実行委員会の高橋秀明委員長は「市とカウアイの絆を強めるとともに八重山への誘客につなげていきたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム