八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市 新ゲート「知らなかった」 防衛省に「大変遺憾」と抗議

陸自配備計画問題 説明会申し入れ

 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、隣接する開南集落側に新たなゲートが計画されていることが判明した問題で、石垣市は14日、「生活環境への影響が考えられるにもかかわらず、本市と地域住民への事前説明がなく報道で初めて知ることになり、大変遺憾」と抗議し、事前に公表・説明するよう9日付文書で沖縄防衛局に申し入れたことを明らかにした。9月定例市議会で大濱明彦氏の一般質問に答えた。中山義隆市長によると、防衛局による説明会が近く開催される見通し。

 新ゲートは、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会が8月21日、情報公開請求で石垣市から入手した施設利用計画図(施設配置)で判明した。同図は、沖縄防衛局がことし7月3日付で提出した「伐採及び伐採後の造林の届け書」に添付されたもの。市は同6日に受理していた。

 図面では、防衛局が住民説明会で配布した施設整備の概要とは違い、グラウンド側に道路とゲートが新たに計画されている。グラウンドも開南集落と県道側に隣接する場所に寄っている。

 中山義隆市長は答弁で「9月8日の新聞報道で承知した。防衛省から市に対して資料が提出されたとのことだが、私自身認識していないし、防衛省からの報告もなかった」と説明、「近いうちに防衛局が説明会を設けると考えている。私どもは手元に詳細な設計を持っていないので、その時に質問してもらいたい」と述べた。

 大濱氏は「ゲート前は子どもたちの通学路でもある」として中止を求め、中山市長は「詳細を聞いてみないと影響があるかどうか分からない、確認しないうちに中止を申し入れることはできない」とした。

 一方、グラウンドについて知念永一郎総務部長は「位置変更はないものと考えている」との認識を示した。新ゲート計画については「防衛局に確認したところ、住民説明会の資料には記載していないが、駐屯地は災害時に救援拠点として活用し得ると説明しており、グラウンドのゲートを設け、常時使用ではなく、災害時の救援で各種車両のスムーズな通行を踏まえて検討したとのことだった」と述べた。

 市は新ゲート計画を知らなかったとしたことについて、傍聴した反対住民の女性(75)は「防衛局から資料が出ているのに知らないわけがない。市長は何のための市長か」となお不信の目を向けた。

  • タグ: 陸上自衛隊配備計画定例市議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム