八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

南の島の星まつり2020 音楽の力、心に届け

「南の島の星まつり2020」が屋内で行われ、島出身のアーティストが無観客ライブを行った=29日夜、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

「南の島の星まつり2020」が屋内で行われ、島出身のアーティストが無観客ライブを行った=29日夜、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

島出身歌手が無観客ライブ 新型コロナ終息願う

 「南の島の星まつり2020」(同実行委員会主催)が29日夜、ユーグレナ石垣港離島ターミナル内の星の海プラネタリウムで開かれ、無観客インターネット生中継として動画配信された。ライブでは八重山を代表するアーティストが集まり、音楽の力を視聴者に届け、コロナ後の再会を誓った。

 星まつりは午後7時に配信開始。出演者によるライブは午後8時ごろから行われた。

 ライブの後半に登場したBEGINの比嘉栄昇さんは、星まつりに合わせて選曲した「私の好きな星」をしっとりと歌い上げた。曲の合間に「リモートでやる流れもすてきだが、人と気兼ねなくゆったり楽しむのが音楽。皆で音を出せる日が来たらいいな」と述べ、新型コロナの終息を願った。

 その後、きいやま商店のマストさん、金城弘美さん、ミヤギマモルさんの出演者全員でBEGINの「島ん人ぬ宝」を熱唱した。

 夏川りみさん、やなわらばー、KI|HAT、Skoop On Somebody、PANA、ケイスケサカモトさんはコメント出演。このうち夏川さんは「ことしはステージもできずに寂しいが。音楽はみんなに元気を与える力がある。満天の星を見て、歌える日が1日でも早く来るように祈っています」とメッセージを寄せた。

 NPO八重山星の会の通事安夫会長と石垣島天文台の花山秀和特任研究員は、撮影した画像を使いながら天の川や恒星を説明、八重山の星の魅力を伝えた。

 動画は午後7時から動画投稿サイトYouTubeで生配信され、約1600人が視聴。動画のコメント欄には「コロナが憎いけど頑張ろうって思える」「とってもすてきな配信」「すてきな時間、宝物でした」「アンコール」など視聴者の声が寄せられた。

 通常、星まつりは屋外イベントとしてライブや星空観察、星空ウエディング、一斉消灯など多彩なプログラムを実施してきた。ただ、ことしは新型コロナウイルス感染防止のため屋内での無観客ライブとなった。

  • タグ: 南の島の星まつり2020無観客ライブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム