八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3年生を甲子園へ  CF、寄付協力呼び掛け

クラウドファンディングを来月5日から始めることを発表する前野尚史会長(中央)ら=26日午後、八重山高校小会議室

クラウドファンディングを来月5日から始めることを発表する前野尚史会長(中央)ら=26日午後、八重山高校小会議室

八重山高校野球部OB会

 2020県高校野球夏季大会で出場59校の頂点に立った八重山高校野球部の3年生を甲子園に連れていくため、同部OB会(前野尚史会長)は26日、クラウドファンディング(CF)と寄付で資金を集めると発表した。前野会長は「高校球児にとって最大の夢、甲子園がなくなったが、最後まで諦めずに戦ってくれた母校の後輩たちを誇りに思う。OBとしても彼らの頑張りが報われるよう何かしてあげたい」と話し、資金調達への協力を呼び掛けた。CFは運営会社CAMPFIRE(キャンプファイヤー)を介し9月5日から開始する。

 前野会長は、後輩たちが野球を続ける意味を見失わず、同部として初の夏制覇をたたえた。現在は企画段階としながらも、今月10日から開催された「2020年甲子園高校野球交流試合」のような代替試合が開催されることに期待を寄せ、準備を進める方針だ。CFの目標額は500万円、卒業前に甲子園へ連れていく考え。

 もう一つの柱「寄付活動」は、同校グラウンドにあるバックネット裏の整備や本島の大会に出場するのに要する莫大(ばくだい)な遠征費を支援する。

 OB会は子どもたちのために県内外の同校関係者へ幅広く支援を求めている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム