八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県内外での新型コロナウイルスの感染状況を…

 県内外での新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、石垣市教育委員会は小中学校の修学旅行について方針を変更した(18日付1面)。中学校の県外旅行を来年度に延期する、小学校の県内旅行を市内・郡内に変更する、といった内容だ▼現在の旅行先は中学校では九州、小学校では本島が定番。前にも小欄で取り上げたが、筆者の新川小学校時代は宮古島、一つ上の先輩までは西表島だった。その後、沖縄本島になったようだ▼今回、新型コロナ禍で小学校では児童の安心安全に考慮して近場ですることに。急な方針変更で現場では調整が難しいかもしれないが、実現を期待したい。特に竹富町、与那国町への修学旅行を▼たしかに沖縄本島は、平和の礎やひめゆり平和祈念資料館、美ら海水族館など、石垣島にはない教材が多い。でも、まずは足元から、と思うのだ▼BEGINの「島人ぬ宝」は「僕が生まれたこの島の空を、僕はどれくらい知っているんだろう」と問いかけ、「でも誰よりも知っている」「いつの日かこの島を離れてくその日まで大切なものをもっと深く知っていたい」と続き、「それが島人ぬ宝」と締める▼「誰よりも知っている」のは、体験があるからだ。ネットやゲームの時代。修学旅行を、みんなで「島人ぬ宝」を探す場に。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム