八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重高野球部 市長に初優勝を報告

中山義隆市長らへ優勝を報告した八重高野球部=13日夕、石垣市役所

中山義隆市長らへ優勝を報告した八重高野球部=13日夕、石垣市役所

職員や市民が拍手で祝福

 2020沖縄県高校野球夏季大会で初優勝を飾った八重山高校野球部は13日夕、石垣市役所を訪れ、中山義隆市長らに大会結果を報告した。

 八重高ナインが優勝旗、盾、賞状を持って市役所に入ると、多くの市職員や市民が拍手で出迎え祝福。庁議室で父母会(伊志嶺隆会長)主催のセレモニーを行い、中山市長、石垣安志教育長、平良秀之市議会議長に初優勝の快挙を伝えた。

 内間敬太郎主将は「自分たちが優勝できたのも市民の皆さんの応援があったから。甲子園もなくなってチームが分裂した時もあったが、最後は良い報告ができた。これからも八重山高校含め3高校の応援を」と述べ、兼島兼哲監督は「父母含めお世話になった地域の方々に恩返しをしようと臨んだ特別な大会だった。強い気持ちで全員が実力を発揮できたのは大きな成果。将来地域を支える人材になると思う」と期待した。

 報告を受け中山市長は「皆さんの勝利が地域の人々に元気と希望を与えた。テレビ越しでも選手一人一人の信頼関係や強い思いがひしひしと伝わり頼もしかった。この経験を糧に、強い誇りと自信を持って人生を歩んでほしい」と激励した。

  • タグ: 八重高野球部初優勝
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム