八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

コロナ禍払い込め、弥勒世を 四カ字豊年祭

新型コロナウイルス感染防止のために2組に限定してミシャグパーシを行う登野城字会の役員ら=8日午前、米為御嶽

新型コロナウイルス感染防止のために2組に限定してミシャグパーシを行う登野城字会の役員ら=8日午前、米為御嶽

コロナ禍を払うために特別に奉納された「弥勒世」の旗文字=8日午前、天川御嶽

ことしの実りに感謝

 四カ字のうち新川、登野城、大川の豊年祭オンプールが8日、各御嶽などで行われた。新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、各字会は地域住民を案内せず、奉納芸能を中止に。例年、芸能を一目見ようと見物客が押し寄せるが、ことしは関係者で神事のみを行う異例の祭り。神司や役員、旗頭持ちら関係者は、検温や手指消毒など感染対策をしながら、ことしの実りを神に感謝し、コロナ禍払いも込めて来夏世の世果報を祈願した。石垣字会のオンプールは8日に行われる。

 このうち登野城字会(新城浩健会長)は小波本御嶽、米為御嶽、アラスクヤー、天川御嶽で神事を縮小して実施。例年なら10組ほどで行う米為御嶽のミシャグパーシ(神酒囃子)は2組にとどめ、2旒(りゅう)の旗頭は「雉牡丹」の1旒のみに。旗文字は、コロナ禍払いを込め、結願祭以外では災い多い年の豊年祭で特別に使う「弥勒世」を使用した。

 新城会長は豊年の祈願文を読みあげ、「寂しいフバナアギ(穂花上げ)となった。弥勒世の旗頭のもと、コロナの1日も早い終息を願う」とあいさつした。

 オンプールの最中、旗頭持ちの青年らは「マスク着用を」などプラカードで感染予防を呼び掛け。関係者や集まった少数の見物客へ、定期的な検温と手指の消毒を施した。

 例年なら米為御嶽、天川御嶽で行われる婦人会による巻踊りや地域の中高生によるイリク太鼓などの奉納、天川御嶽での祝典は中止。後日、役員らが優良農家を個別に訪問して表彰する。例年、米為御嶽から天川御嶽まで旗頭会が旗頭を担いで移動し、アラスクヤーで旗頭を持つが、ことしはトラックに旗頭と竿(さお)などを積んで移動。アラスクヤーでは雉牡丹の頭のみを置き、奉納に代えた。

  • タグ: 豊年祭コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム