八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富島 光回線、来年1月から 住民説明会に20人参加

インターネットサービス開始について説明を受ける住民ら=4日、竹富島まちなみ館

インターネットサービス開始について説明を受ける住民ら=4日、竹富島まちなみ館

 【竹富】県が進める超高速ブロードバンド環境整備促進事業で竹富町は4日、竹富島でのインターネットサービス開始に伴う住民説明会を竹富島まちなみ館で開き、住民約20名が参加した。光ファイバーと引き込み管敷設工事は12月末に完了し、来年1月12日からサービス提供を開始する予定だ。

 町政策推進課によると、同事業はすでに西表、小浜、黒島、波照間などで整備を終えているが、竹富島では景観条例の観点から埋設工事を行う必要があり、申し込みからサービス提供開始まで時間がかかるという。古見勇樹主事は「希望者は今月中の申し込みを」と呼び掛けた。

 古見主事はさらに「住宅へ地下配管引き込み工事を行う際、自身の土地や家屋なら問題ないが、借家や借地であった場合に持ち主の許可が必要となるため、申請者自身であらかじめ許可を取ってください」と促した。

 NTT西日本沖縄支店の屋比久美香さんがプロジェクターを使いながら「申し込みからサービス提供まで2回の工事が必要。1回目は光ファイバーを引き込むための配管地中下工事、2回目は住宅等へ光ファイバーを引き込む工事」と分かりやすく説明した。

 会場内に設けられた各ブースで、光コラボ事業者の沖縄通信ネットワーク、株式会社NTTドコモはそれぞれ申し込み受け付けを開始した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム